糖尿日記(ちょっとゆるめ)

せっかく糖尿病になったので、日記をつけようと思います。 記載内容はあくまで私個人のデータです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

INGAP

INGAP:islet neogenesis-associated protein
”islet”, "neogenesis"ときたもんだ、なんと魅惑的な響きだ。
PubMedで検索すると、こんなところがひっかかってくる。

臨床試験もボチボチ始まっているようだ
組み換えタンパクも作られている。おおっ、"we show that rINGAP exhibits 100X the bioactivity of INGAP-peptide on a molar basis in an in vitro assay of human islet regeneration."ですとっ!!

まぁ、まだ先の話だろうけど、「治る」期待が持てるだけでもチョット嬉しい。
血糖コントロールのモチベーションも上がる。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

積ん読 | コメント:2 | トラックバック:0 |

素朴な疑問

味噌カツ、味噌おでんetc.etc.

名古屋といえば「味噌」なわけであるが・・・・。


ラーメンも「味噌」なのだろうか?

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 |

懐かしい歌

朝から愚息が何やら口ずさんでいた。

「す~いへ~い~せ~んのおわりにわっあああ~~~」

おお~懐かしいって、何故にそんな歌を・・・・。

タネを明かせば先日からBSで再放送をやっている。 
録画予約をしているのだが、現状ではHDの肥やしになる可能性が高い。
で、録画済みの第一話を愚息が発見し、どうやらハマってしまったようだ。まぁ、彼にとっては新鮮なんだろう。

あ~君、君、お友達に話しても知ってる子はいないからね、念のため言っておくけど。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 |

PMID: 19614947 Efficacy and safety of insulin glulisine in Japanese patients with type 1 diabetes mellitus.

日本人1型糖尿病患者でのアピドラ(glulisine)132例とヒューマログ(lispro)135例の比較@順天堂大学
基礎はともにランタス(glargine)。朝食前血糖値が95~128mg/dlとなるようにランタスを調整、食後2時間血糖値が128~172mg/dlとなるようにアピドラ・ヒューマログをそれぞれ調整。食後2時間血糖値、食前インスリンの増加量、低血糖は両群に有意差なし。28週の追跡終了時の平均A1cは7.44%と7.50%でそれぞれ0.1%と0.04%の上昇で、アピドラのヒューマログに対する非劣性を証明。
基礎インスリン量は終了時点でアピドラ:-0.54単位,ヒューマログ:+0.26単位で有意差あり。

 

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

積ん読 | コメント:2 | トラックバック:0 |

とんこつラーメン vs 1型糖尿病患者 たちばならーめん再戦

先週に引き続き、たちばならーめんへ行ってきた。
どこか突出したところがあるわけではないけど、何となく又食べたくなる味なんだよな~。

鍵と携帯をちゃんと持ったことを確認して車から降りる。




先週に引き続きチャーシュー麺をオーダー

食前血糖値 測定せず → ラピッド 15単位、R2単位 上腕射ち(現在インスリンカーボ比は5g/単位)
前回の結果を踏まえ、Rは1単位減量

前回同様、美味しくいただく。

ん・・・・なんか・・・・・・、もう少し食べたい気が・・・・・・。
「替え玉御願いしま~~す。」(欲望に負けデータ取りについて頭からスッ飛んでる)

11単位にするか12単位にするか悩ましいところだったが、ラピッド 12単位 上腕射ち。

替え玉を半分程食べたところで満腹感が・・・・・、嗚呼、やはり替え玉は無謀だった。
なんとか全量摂取し、お店を後にした。

食後2時間血糖値 127mg/dl

食後4時間血糖値 78mg/dl → 補食、ジューCグルコース 6粒。

自業自得であるが、結局データ取りにはならなかった。
まぁ、万が一替え玉するときはラピッド 11単位でということで・・・・。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

対決シリーズ | コメント:6 | トラックバック:0 |

プール

昨日は前々から愚息をエミナースのプールに連れて行く約束をしていた。
約束は守らねばならないが、あいにくの天気・・・この天気で屋外プールは自殺行為だ。
そこでASPAに行き先を変更した。設備は古いが屋内プールなので雨の日も安心だ。
愚息のお目当ての流れるプールもある。

14:15 プール着。
早速プールサイドで血糖値を測定する。81mg/dl。昼食後約2時間の血糖値としてはボチボチだが、このままプールに入れば力尽きて沈んでしまうこと必至だ。
プールサイドにニチレイの自販機があったので、たこ焼きと焼きそばを購入して食べる。焼きそばは完食、たこ焼きは8個中3個を愚息に奪われる。

流れるプールに入り、愚息の乗った貸しボートを押して、グルグルとプールを回る。
グルグルグルグルグルグル・・・・・・・・・。
危うくバターになってしまう寸前で、プール点検のため全員上がることになった。

15:05 77mg/dl
ガッツリ食べておいてよかった。
ニチレイのホットドッグ(小ぶりなもの2個入り)をホットココア1杯で食べる。

点検が終わり、再度プールに入る。
グルグルグルグルグルグル・・・・・・・・・。
危うくバターに(以下略)

16:05 134mg/dl
あとしばらく遊ぶ予定なので、念のためにグルコレスキュー1袋を補食。

点検が(以下略)

16:45 プールからあがり帰宅準備。174mg/dl。
最後のグルコレスキューは不要だったか?


まぁ、愚息が楽しみにしていたイベントを水底に沈むことなく済ませられたので、よしとしておこう。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:4 | トラックバック:0 |

DIABECELL

以前にも記事にしたが、Living Cell Technorogies社というところが開発中のDIADECELLという製品がある。
カプセル化したブタの膵島細胞を1型患者の腹腔内に入れちゃうってやつだ。免疫抑制剤は不要で、インスリン自己注射からの離脱や注射量の減少が期待できるとのこと。

今度はニュージーランドで臨床試験(Phase I/IIa)をやる
そうだ。


密かに期待している治療法なのだが、早く実用化してくれないものかな~。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

積ん読 | コメント:4 | トラックバック:0 |

2009年6月の血糖値




テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

先月の血糖値 | コメント:4 | トラックバック:0 |

2009年5月の血糖値




テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

先月の血糖値 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夢を見た

夢を見た。

友人や先輩との楽しい宴会の夢だった。

「俺、1型になったったい~。」と言いつつ、久しぶりにあう人達や、もう会えなくなってしまった人達と談笑し、呑み喰いした。
そろそろ宴もお開きの時間となり、「あー、楽しすぎて血糖測っとらんだった。」と、おもむろに測定する私。
「大分喰いよったけど注射しよらんかったけん、上がっとるど。250くらいあるど?」と突っ込まれつつ、測定結果は8mg/dl。
慌てる周囲を尻目に、「呑むと無自覚になるったいね~。」と補食する私・・・・ここで目が覚めた。

時計を見ると午前2時30分。
こりゃまた中途半端な時間に目覚めたもんだ。

起きたついでに血糖値を測定してみる・・・・・。














自覚症状なし......orz



無自覚性低血糖を起こす夢を見て、目覚めたら無自覚性低血糖を起こしていた。

夢が夢としての機能をはたしてないw

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:6 | トラックバック:0 |

アークレイからの手紙

アークレイから封書が届いた。
「最近、何も注文してないけどな?」、と思いつつ開封すると、グルコレスキューの通販を終了する旨が書いてあった。

先日、アークレイは健康食品販売から撤退したのだが、グルコレスキューの通信販売のみは継続していた。
これを7/17 17:00受注分をもって取り扱いを終了するとのことだった。web上にも告知してあった

7/21以降はセイジョーにて通信販売を執り行うそうだ。

通販が継続され一安心だが、”製造中止”の憂き目にあわないことを祈りたい。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とんこつラーメン vs 1型糖尿病患者 新たなる旅立ち

三連休初日というべきか夏休み初日、愚息と嫁はJR西日本のポケモンスタンプラリーへと旅立っていった。
独り残され昼食を作るのも面倒くさくなり、以前から気になっていたラーメン屋さんへ足を伸ばすことにした。

大津バイパス鮮度市場手前のたちばならーめん、結構いけるとのウワサだ。
11時頃に到着するも、開店時間は11時半だった。下調べして行けばよかった、しばし車の中で時間をつぶす。

ほどよい時間になり、入店、チャーシュー麺をオーダーした。


 
チャーシュー麺

食前血糖値 100mg/dl → ラピッド 15単位、R 3単位 上腕射ち(現在インスリンカーボ比は5g/単位)
とりあえず”とんこつ系ラーメンの基本(自分的に)”を注射して対戦を開始する。

出てきたのはオーソドックスな熊本ラーメン。奇をてらった様なところはなく、基本をしっかり押さえたホッとするような味だった。
チャーシューも私好みのトロトロで、美味しく完食した。



食後1時間血糖値 109mg/dl → なかなかいいんでないかい。

食後2時間血糖値 110mg/dl → フラットに経過。これだと、後で下がるね。

食後4時間血糖値 65mg/dl → 補食。ジューCグルコース 6粒


次回はRを1単位減量してみよう。


満足して駐車場へ行ってみると、カギと携帯を車内に閉じ込めたことに気づいて大変だったことは、また、別の話・・・・・。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

対決シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |

たちり

新聞を読んでいたら、愚息が「おと~さん、”たちり”ってなんね?」

ん?たちり??































































tatiri.jpg
タチリ・・・・・・・

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

徒然 | コメント:10 | トラックバック:0 |

7/7のHbA1c

4.9%


感想:

4%台に復帰するも、PPGの推移からすると疑問のある数値。
寝ている間とか知らないところで低血糖を起こしているのか?

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

今月のHbA1c | コメント:6 | トラックバック:0 |

で、レベミルは?

まぁ、売っている会社のコメントだし、実際に発ガン性リスクの増大について疫学調査をした結果が示されたわけではないのでアレだが、ノボ・ノルディスクのレベミルやラピッドについてのプレスリリースが出ていた。

要は「IGF-1 receptorへの親和性がヒトインスリンとほぼ同等なので、たぶん大丈夫です。」ということのようだ。
こんなんも見つけた。表2.6.2.1-1にIGF-1 receptor親和性と細胞増殖誘発能の比較がある。グラルギン:ランタス,HI:ヒトインスリン,IDet:レベミル)

疫学調査もしてくれないかな~。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腎臓には効かないのね

1型糖尿病でのRAS遮断

RAS抑制しても腎臓はだめか~~~。眼の方にはいいってのが救いかな。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:0 | トラックバック:0 |

興味のあった記事

インスリンは暑さに弱い!!

コクボさんのとこでインスリンクーラー買って使ってるけど、油断大敵だね。こんなに温度上がるんだ。


ランタスの発がんリスク?

月初めで忙しいのが終わったら、自分でも検索して調べてみよう。

(以下7/3追記)
EASDは「まだ結論に達したわけではない。」と言っているようだ。
Diabetologiaに、この件がらみの論文がいくつかあるようなので、そのうち読もう。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。